読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏バーのからくり書庫(税法)

税法の論点・判例をつまみに,ウィスキーでも飲みながらどうぞ。

租税判例百選[第5版](判例・裁判例要旨,各当事者の主張及び下級審判決の要旨)

租税判例百選[第5版]85(租税判例百選[第4版]84) 仮名記載と仕入税額控除

東京地裁平成9年8月28日判決(行政事件裁判例集48巻7・8号600頁) 〈事案の概要〉 Xは医薬品の卸売業を営む会社であり,多くの仕入先とは現金による取引を行ってきた。Y(税務調査)がXの税務調査を行った結果,Xの仕入帳に記載された仕入先…

租税判例百選[第5版]1(租税判例百選[第4版]1)憲法と租税法―大島訴訟(最高裁判決)

最高裁判所昭和60年3月27日判決・最高裁民事判例集3巻2号247頁 〈最高裁判決(多数意見)〉 〈伊藤正巳裁判官の補足意見〉 〈谷口正孝裁判官の補足意見〉 〈木戸口久治裁判官の補足意見〉 〈島谷六郎裁判官の補足意見〉

租税判例百選[第5版]1(租税判例百選[第4版]1)憲法と租税法―大島訴訟(控訴審判決)

大島訴訟,控訴審判決です。

租税判例百選[第5版]1(租税判例百選[第4版]1)憲法と租税法―大島訴訟(第一審判決)

最高裁判所昭和60年3月27日判決・最高裁民事判例集3巻2号247頁 〈事案の概要〉 (「大島訴訟」「サラリーマン税金訴訟」として,あまりに有名な訴訟であるため書く必要はないと思い省略します。大島教授は,給与所得者の給与所得控除が低いと争うためにあえ…

租税判例百選[第5版]28(租税判例百選[第4版]24)課税物件の帰属―親子歯科医師事件

(東京高裁平成3年6月6日判決・訴訟月報38巻5号878頁) 〈事案の概要〉 Xは歯科医でその住所地で開業していた。Xの子であるAは,歯科医師国家試験に合格したのち,Xが経営する歯科医院にて従事しており,A名義の個人事業の開業届が当時の所轄…

租税判例百選[第5版]16(租税判例百選[第4版]15)私法上と同一の概念の解釈―匿名組合契約の意義

(最高裁昭和36年10月27日判決・最高裁民事判例集15巻9号2357頁) 〈事案の概要〉 訴外A社は,事業用資金を,投資あるいは出資という言葉を用いて一般大衆から集めていました。後にA社は破産しXらが破産管財人に選任され,その破産手続中に…

租税判例百選[第5版]102(租税判例百選[第4版]16)他人の時効取得を認める判決と後発的事由による更正の請求(要旨)

(大阪高裁平成14年7月25日判決・訟務月報49巻5号1617頁) 〈事案の概要〉 訴外Aは,所有していた土地1及び土地2の各3分の1の共有持分権をX1,X2,X3に相続・遺贈させる旨の遺言を公正証書で作成して亡くなりました。Aの死亡後,X…

租税判例百選[第5版]118(租税判例百選[第4版]120)審理の対象―理由の差替え(要旨)

(最高裁昭和56年7月14日判決・最高裁民事判例集35巻5号901頁) 〈事案の概要〉 Xは,法人税の申告の際に,不動産の売却について,取得価額は7600万9600円,売却額は7000万円であるとして損失を計上しました。しかし税務署長Yは,…

租税判例百選[第5版]112(租税判例百選[第4版]108) 源泉徴収と確定申告(要旨)

(最高裁平成4年2月18日判決・最高裁民事判例集46巻2号77頁) 〈事案の概要〉 A社の従業員であったXらは,A社を退職した際に,一定額の金員の支給を受けましたが,A社はこれを給与の支給に当たるとして源泉徴収を行い,国に納付しました。Xら…

租税判例百選[第5版]7(租税判例百選[第4版]6)自主財源主義―横浜県勝馬投票券発売税事件(要旨)

(国地方係争処理委員会平成13年7月24日勧告・判例タイムズ1073号128頁) 〈事案の概要〉 横浜市は,平成12年12月14日,法定外普通税として,勝馬投票券発売税を新設することを内容とする条例改正案を可決しました。そして,横浜市は,同…

租税判例百選[第5版]4(租税判例百選[第4版]3) 課税要件法定主義ー政令への委任の限界(要旨)

(東京高裁平成7年11月28日判決・行政事件判例集46巻10・11号1046頁) 〈事案の概要〉 Xは,売買を原因とする所有権移転登記をし,登録免許税法に基づき通常の税率により算定した登録免許税を納付しました。ところが,本件登記は,租税特別…

租税判例百選[第5版]38(租税判例百選[第4版]33) 事業所得と給与所得の区別(要旨)

(最高裁昭和56年4月24日判決・最高裁民事判例集35巻3号672頁) 〈事案の概要〉 弁護士であるXが,昭和42年分から昭和44年分の各所得税の申告にあたって,顧問料収入を給与所得にかかる収入として確定申告をしたところ,税務署長Yが,これ…